長野の地酒なら信州安曇野にある酒蔵大雪渓酒造

  • 蔵元紹介
  • 蔵元直営店花紋大雪渓
  • 蔵見学
  • 商品一覧
  • 安曇野周辺 観光情報
  • アクセス
  • カートを見る

HOME > 日本酒あれこれ > 日本酒の飲用温度

日本酒あれこれ

日本酒の飲用温度

2021年03月04日

皆さま日本酒は冷や・常温・お燗など異なる温度で飲むことが出来ることはご存知かと思います。

中でも《燗》と呼ばれる温めて飲むたしなみ方が出来るのは、世界でも稀な酒類の一つと言えるでしょう。

そしてこの日本酒は冷・燗ともに、様々な温度ごと趣のある名前が付けられています

その名前を下記と表にあらわしました。

 

【冷】

  • 5℃:雪冷え
  • 10℃:花冷え
  • 15℃:涼冷え

【燗】

  • 30℃:日向燗
  • 35℃:人肌燗
  • 40℃:ぬる燗
  • 45℃:上燗
  • 50℃:熱燗
  • 55℃:飛び切り燗

 

同じお酒でも温度によって香りや味わいなど、表情ががらりと変わります。

お酒の状態や酒質により最適な温度帯も異なりますが、一番良い温度は飲むお客様が「美味しい!」と感じていただけるところなので、ぜひご自身のお好みの温度を見つけてください!